優勝に寄せて

創部2年目。

初出場初優勝。

非常に聞こえの良い言葉かもしれない。

 

しかし、これまでたった2年間であっても様々なことがあった。

ここでは口に出すことのできないこと。

わずか13歳・14歳が経験することのないようなくやしさ。憤り。

SNSでの選手・チーム・保護者を名指ししての批判。

それでも、私はチームの代表として一貫して選手保護者に言い続けました。

「正しいことをしているのであれば、だまってサッカーをする」

 

スポーツの世界。

結果がすべてである。

しかし、そこに服装を正しなさい。挨拶とはどんな挨拶がされて気持ち良いのか考えなさい。

行った先々で来た時よりも美しく。

我々の監督を含めスタッフはサッカー以上に私生活を指摘する。

もう一度、鹿児島のサッカーは強いんだと証明する。

 

今回の優勝でも多くの九州のクラブチームのスタッフが応援に来てくれた。

県内の指導者の方々からご連絡をいただきました。

勝つこと以上に人と人のつながりを感じれた。

そして、バックを並べ、整列して挨拶ができる。九州一番の負けず嫌いの選手たちを誇りに思う。

結果はU-13であるが、1期生を含めたFC KAJITSUの優勝であると思う。

 

ここがゴールではなく、ここが改めてスタート。

本気で日本代表の大迫選手のようになりたいではなくなろうとするか。

本気でオリンピック代表候補の大南選手(鹿実OB)を目指すかである。

 

改めて選手たち、おめでとう。

 

代表 森下和哉



OFFICIAL PARTHER

オフィシャル・パートナー ナイキ

OFFICIAL SPONSOR

  • 森伊蔵
  • 大隅ミート
  • 楽塩
  • 財宝
  • サンクトバンド
  • 西原商会
  • 南給
  • でんでん

鹿児島実業サッカー部 OFFICIAL WEBSITE「KING OF ROAD」

鹿児島実業サッカー部寮

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

最新の記事

過去の記事

mobile

qrcode

others